2008年03月04日

補聴器選びで失敗方法 

認定補聴器技能者とは、耳鼻科医の指導のもと、一定の経験年数を満たし、補聴器にかかわる専門的な知識を習得した技能者のことです。
補聴器を販売している店の中には、この認定補聴器技能者がいないところもあります。申し上げることもないことですが、補聴器は身体に装着するものです。あなた様の耳につけ、毎日の生活をより快適に、そして不自由なく過ごす為に欠かすことの出来ない大切なものです。大切なものだから、きちんと資格を持った信頼できる店員のいる店で購入していただかなければなりません。補聴器を購入する時には、まず店員に一言質問してみてください。「このお店には、認定補聴器技能者がいますか?」そういう質問をして、きちんと答えてくれないお店は要注意です。
おかしいと思いましょう。こっちもそれ相応の知識が必要です。
コンタクトレンズ屋のお姉ちゃんも何の資格もありませんし。コンタクトレンズ屋の医者も内科医だったりします。これとおんなじで補聴器選びで失敗しない為には、「認定補聴器技能者がいるお店を選ぶ」ことです。
posted by 選択上手 at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。