2008年03月01日

感音難聴の種類です。

補充現象は内耳の蝸牛内にある外有毛細胞の障害により引き起こされる聞こえの感覚異常です。補充現象のある方は、わずかな音量変化にも敏感になるため、テレビの音量をちょうど良く合わせているのにもかかわらず、コマーシャルになると急にうるさく感じるなどの変化が現れます。
語音弁別能が低下すると、十分聞き取れる声の大きさにもかかわらず、言葉の聞き取り(弁別)が困難になります。これは、内耳にある蝸牛の有毛細胞が損傷したためによるとされています。

このような現象は感音難聴になったとき起こる可能性があります。

posted by 選択上手 at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。